2019年2月6日水曜日

深い呼吸の練習法


最後にしっかりと呼吸をする練習をしてみましょう。

胸式呼吸も腹式呼吸も同時に行います。

深呼吸してもらいますが、まずは腹式を意識してみます。

おへその下に手を当てて、息を吸った時にそこがしっかりと膨らむように

深呼吸してみてください。

はい。では続いて胸式です。

実は腹式よりも胸式の方が難しいかもしれません。

胸いっぱいに息をいれるつもりで深呼吸してみてください。

こうしたらもちろんある程度は息が入りますが、大概の人はもっと入ります。

その為にはまず肺の位置を知る必要があります。


肺は肋骨で囲まれたところの中ですが、かなり大きくて肋骨の先はすぐに肺だと

イメージして下さい。



なのでしっかり息を吸うと胸の前も、脇腹も背中も膨らみます。

鎖骨のあたりも肺なのでここも膨らみます。


胸の前や脇腹や鎖骨周辺に手を当てて、触っているところに空気を入れるつもりで

深呼吸してみてください。


何度かしているうちに息を吸った時に触っている場所が膨らむようになります。



正しい肺の位置を知りそこに意識を向けるだけでも

息が深く出来るようになりますので、時折試してみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿