2016年9月4日日曜日

韓国伝統医学

長い間更新をサボってしまいました。すみません。。


先月韓国に滞在した際に伝統医学である"韓医学"の治療を体験してきました。

東洋の伝統医学といえば中国医学やインドのアーユルヴェーダなどが有名ですが、韓国にも”韓医学”と呼ばれる伝統医学があります。

この韓医学は中国医学の影響を大きく受けてはいますが、韓国固有の医学体系で歴史的に日本との交流も古いようです。

今回はソウルの友人の紹介で釜山で診察している先生のクリニックを訪れて実際に治療を受けてきました。


診察の結果はとにかくどの臓器も元気すぎるので食べ過ぎてしまう傾向にあるとのことでしたが、相対的に腎臓が少し疲れているので水を体外に排出する機能が落ちているため増量しやすいとのことでした。

こうして腎が疲労していることがわかったので、これをとる鍼を刺しながらお腹を温め1時間ほど横になる治療を受けました。鍼をしてすぐに眠ってしまいましたが、治療後とても頭がスッキリして身体も軽くなっているのがすぐにわかりました。最後に腎の働きを助ける漢方薬を処方してもらいました。

治療家として勉強になることもとても多かったので、また機会があれば受診してみたいと思います。


仮性近視への施術

仮性近視とは? 仮性近視は、眼のレンズである水晶体という組織の厚さを調節する毛様体筋という筋肉がしっかりと働かなくなっていることが原因で発症します。 眼に備わっている水晶体と呼ばれるレンズは、毛様体筋が縮むことで分厚くなり近くがよく見えるようになります。   逆に毛様体筋...