2020年12月29日火曜日

免疫と予防接種の仕組みを簡単に解説します

免疫とは疫から免れると書きますが、疫とは病気のことで、文字通り病気から身を守るための仕組みを意味するのが免疫という言葉です。


病気に関わらないように体に備わったシステムのことですね。


免疫とかワクチンとかなんとなくわかっているとけどなんだかはっきりとはわからない、という方も多いと思いますので、一度簡単に整理していきましょう。


二種類の免疫システム


免疫は大きく分けて二つに分かれます。自然免疫と獲得免疫です。


自然免疫というのは体に入ってきた異物であればなんであっても攻撃する免疫システムです。


一方で獲得免疫というのは特定の病原体に対してのみ働く免疫システムです。大まかな流れとしてはまずは自然免疫が働いて、それから獲得免疫が働く、という風になります。


第一の免疫 自然免疫


体にとっての異物であるウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入するとまずは自然免疫が作用するわけですが、このときにに働くのが白血球です。


白血球はたくさんの種類に分かれていてマクロファージや好中球、樹状細胞、NK細胞と呼ばれるものがあります。自然免疫ではこれらの白血球が働いています。マクロファージや樹状細胞、好中球といった白血球は異物を見つけると、それをかたっぱしから食べていきます。


このとき食べるか食べないか?の判断基準は自分の細胞の一部かそうでないか、自分なのかそれ以外なのか?ということを判断材料として自分以外のものはなんでもかんでもかたっぱしから食べていくわけです。多くの病原体はこれで退治されてしまいます。

しかしここを潜り抜ける賢い病原体もいます。その代表的なものがウイルスです。


ウイルスはとても小さくてそれ単体では生きていくことができません。そこで細胞に寄生して生きていくわけです。

細胞の中に侵入したウイルスは細胞の遺伝情報を自分のものに書き換えてしまいます。そうすることで体内の細胞を乗っとるわけですね。



乗っ取られた細胞は一見すると自分自身に見えるので、マクロファージや好中球などは食べてくれません。自分か自分じゃないかの基準で食べるかどうかを区別しているので、中にウイルスが潜んでいても見た目が自分だと食べてくれないわけです。こうしてウイルスは体内で増殖していこうとするわけです。


しかし体には中に潜んだウイルスを見つけ出して攻撃する仕組みも備わっています。それを担うのがNK細胞と呼ばれる白血球です。NK細胞は見た目が自分である細胞でも、中に潜んだウイルスを見つけ出すことができます。NK細胞はウイルスに感染した細胞を見つけると殺してしまうのです。こうしてウイルスの増殖を抑えていく仕組みも備わっています。


ここまで整理しますと自分かそれ以外か、という基準で体内に侵入してきた異物を攻撃するのが白血球です。白血球にはいろいろな種類があり、マクロファージ、樹状細胞、好中球と呼ばれるものは異物をひたすら食べます。そしてNK細胞は自分の細胞の中に隠れたウイルスを見つけ出し、感染した細胞を殺してウイルスの増殖を抑えます。これが体内で最初に起こる免疫反応である自然免疫の仕組みです。


第二の免疫 獲得免疫


続いて獲得免疫です。

自然免疫とは本来自然に体に備わっている免疫システムのことを意味しますが、この獲得免疫は後天的に手に入れた免疫システムのことを意味します。


自然免疫で働いたマクロファージや樹状細胞という白血球は、異物をひたすら食べるわけですが、実は食べて終わりではなく、食べたものの残骸を提示する仕組みが備わっています。さらし首みたいな感じでしょうか。このさらされた残骸を分析してその情報を読み取って、これに対する有効な対処法を作り出してから働くのが獲得免疫です。なのでこれはさらされた残骸のみにしか作用しない仕組みです。後天的に獲得された免疫という意味で獲得免疫と呼ばれるわけです。


獲得免疫では大きく分けて二つの仕組みが働きます。まずは先ほどのNK細胞のように細胞内に潜んだウイルスを見つけ出して殺してく仕組みです。このときに働くのがキラーT細胞を呼ばれる細胞です。これはNK細胞よりもかなり強力な作用を持ちます。


もう一つが抗体を作って病原体の働きを止めてしまうという働きです。これはB細胞という細胞が働くのですが、病原体の情報を分析して作り出した抗体という物体を病原体に結合させることでその働きを封じ込めてしまう作用です。抗体にくっつかれると病原体は働けなくなるわけですね。


自然免疫より獲得免疫の方が強力な働きをします。

ただ獲得免疫は作用し出すまで時間がかかるのが難点です。病原体を分析してその情報をもとに対処法を練って、としていると数日はかかるわけで、その間に病原体が体に広がらないように自然免疫で抑えているわけです。その間に病原体の情報を分析して獲得免疫の準備をしているわけですね。


それと、獲得免疫には一度戦った病原体の情報を記憶できる、という特徴もあります。期間は病原体によってそれぞれですが、少なくともしばらくの間は一度戦った病原体の情報を記憶しているので次に同じ病原体が侵入してきた場合、最初から獲得免疫の仕組みが働き、強力な攻撃を加えることができます。


予防接種が作用するメカニズム

この仕組みを利用したのがワクチンです。毒性を弱めたり感染力を失わせた病原体をワクチンとよびますが、これを体内に投与することを予防接種と言います。このように体内に弱めた病原体を意図的に投与してB細胞に抗体を作らせるわけです。


そうすると実際にその病原体にかかったときには既に抗体があるので、ゼロから抗体を作る必要がないわけです。通常のように時間をかけずにすぐさま抗体で攻撃することができるので、このようにして病原体を退治するわけですね。


ちなみに自然免疫が強い人は獲得免疫に至るまでもなく病原体を退治することができますが、この場合は病気にかかっても抗体ができていないということもあるようです。抗体は病原体によってどのくらい持続するのかはまちまちのようで一生続くものもあれば、割と短いものもあるようです。


免疫力を高めるとは、こうした仕組みがしっかりと働ける状態にしておくことです。そのためにはいろいろな手段がありますが、基本的にはしっかり栄養をとって、休めて、運動してというごく当たり前のことが一番大切になってきますので、しっかりと心がけて過ごしていきたいですね。


今回は免疫の仕組みの要点のみを簡単にまとめてみました。参考にしてみてください。


古田大祐



施術のお問い合わせはこちら

http://furutadaisuke.com/bodywork.html

furutadaisuke@gmail.com



講習のお問い合わせはこちら

http://a-t-m-ensemble.com


2020年12月26日土曜日

プロテインを飲んで体に起こること

 『プロテインを飲むと筋肉がつくのか?』

とよく訊かれるんですが、結論から言うとプロテインを飲んだだけで筋肉はつきません。


では筋肉をつけるためになんでプロテインを摂取するのか?と言う話になりますが、それを理解するにはまず筋トレのメカニズムを知る必要があります。


例えば腕立て伏せとかバーベルを持ちあげたりとか、なんでも良いですが筋トレをすると段々と力が入らなくなってきます。


これは筋肉を作る筋線維という組織が壊れることによって力が入らなくなってきます。


筋肉は筋線維という細い紐状の組織が束になってできているのですが、筋トレはこの筋線維を部分的に壊すことを目的として行っています。


それは筋線維は壊れると、修復するときに壊れる前より少し強くなって修復するという性質があるからです。


これを超回復と呼んでいるのですが、筋トレはこの筋肉の性質を利用したもので、筋肉に負荷をかけて筋線維を意図的に壊し、それを修復させて以前より少し強くすることで筋力の強化を可能にしているわけです。




そしてこの壊れた筋線維が修復される過程で必要になるのがタンパク質です。筋肉はタンパク質からできているので、その材料となるタンパク質をしっかりと摂取しないと壊れた筋肉が十分に再生されないわけです。そうなるとせっかく頑張って筋トレをしても十分な効果が得られないわけですね。

そこでプロテインを利用するわけです。


プロテインと言うと粉状の物質をイメージする方が多いかもしれませんが、そもそもプロテインという言葉を日本語にするとタンパク質という意味になります。


あの粉は筋肉をつける魔法の薬ではなく、ただのタンパク質の粉末です。タンパク質は食品の多く含まれていて肉や魚、卵、牛乳などが代表的なところでしょう。

ですので肉を食べてもプロテインを飲んでも結局はタンパク質を摂取していることに変わりはありません。と言うか栄養は基本的には食事からしっかり摂ったほうが良いので、別にプロテインを飲まなければいけないなんてことはありません。


ただ例えば食事制限などであまり食べれないといった場合や、かなりの負荷でトレーニングをするアスリートなどには効率よくタンパク質を摂取する手段としてプロテインを使うというのは良いと思います。


ですのでプロテインを飲むと筋肉がつくのではありません。


筋トレをして傷んだ筋肉を強く再生するためのタンパク質を摂取する手段としてプロテインが効果的だということです。

この点を理解しておくことが大切です。


ただ、繰り返しになりますが、原則として栄養素は食事から摂るのが基本です。栄養素が吸収される過程はまだまだ不明なことも多いですし、タンパク質単体よりは他の物質もあったほうが効率よく栄養素が吸収されます。サプリメントにしてもそうですが、プロテインはあくまで栄養補助食品として利用するようにしてください。



古田大祐


施術のお問い合わせはこちら

http://furutadaisuke.com/bodywork.html

furutadaisuke@gmail.com


講習のお問い合わせはこちら

http://a-t-m-ensemble.com


2020年12月21日月曜日

Podcast配信始めました!

【セラピストが知っておきたいカラダの話】

と題しまして、Podcast配信を始めました。


主にセラピストの方に向けて施術や解剖生理学、運動などをテーマにお話していきます。



健康に役立つような情報を幅広く取り上げようと思っていますので、もちろんセラピストでない方のご視聴も大歓迎です。お気軽にお立ち寄りください。

下記リンクよりよろしくお願いします!

Apple

Google

Spotify


YouTube版もお願いします。



古田大祐


施術のお問い合わせはこちら

http://furutadaisuke.com/bodywork.html

furutadaisuke@gmail.com



講習のお問い合わせはこちら

http://a-t-m-ensemble.com


2020年12月17日木曜日

外反母趾への対処方法

 



なんで外反母趾になるのか?


外反母趾に悩まされている方は少なくないと思います。


親指が傾いてしまった状態が外反母趾ですが、実はこうなるには様々な理由があります。

親指が傾いてしまう原因としてまず思いつくのが先の細い靴などを履くことで指先が締め付けられる、ということでしょう。

もちろんこれも大きな要因の一つですので、改善すべきポイントであることに違いありません。

しかしながら他にも原因となりやすい要素があります。

今回は見落とされがちな二つのポイントをご紹介していきます。



1.足のうらの外側にあるアーチが下がっている


まず最初に注目すべきは、足の骨の並びです。

足の甲や足の裏を構成する骨は、付け根のところで石ころ状の骨が集まることで足を形作っています。

この石ころ状の骨の位置がずれてしまうことが外反母趾を引き起こす要因になります。

どういうことか順を追ってみていきましょう。







①立方骨が下外側に落ちて外側縦アーチが崩れる

足の小指側にあるアーチの頂点が下がってしまいます。

足の内側には土踏まずがあり、こちらは内側のアーチとも呼ばれわかりやすい形状をしているのですが、実は足の外側にも僅かながらアーチがあります。

ご自身の足の裏をよく観察してみると、小指の延長線上にも浅いアーチがあるのがわかると思います。



このアーチの頂点に位置するのが立方骨です。これが図の①のように外側、下側に下がってきてしまうことがあります。


②足根骨が外にスライドする

立方骨がずれてしまったことによって、その隣にある石ころ状の骨もずれてしまいます。
ここには楔状骨(けつじょうこつ)という三つの骨があるのですが、これが順に外側に移動してしまいます。そうして足根骨が全体的に外にズレてしまいます。


③第一中足骨が内側に傾く

楔状骨がずれてしまうと、一番内側の楔状骨につながっている親指の根元の骨、第一中足骨は足場を失なってしまいます。そのため内側に傾いてしまいます。


④親指が曲がって赤丸の箇所にストレスがかかる

その結果、靴を履いたり歩いたりする際に指先の関節に内側から圧迫がかかるようになり、親指の付け根の関節が折れ曲がってしまいます。これが外反母趾です。


このような足部のアライメント不良はかなりの確率でみられます。

曲がったところを真っ直ぐにする前にまずは立方骨を調整して外側縦アーチをしっかりと作る事が大切ですね。

そのためにテーピングを利用するのが有効ですので、巻き方の一例をご紹介します。

ここではキネシオテープに代表される伸縮性のあるテーピングを使用します。



50ミリ幅のテープを半分の25 ミリ幅に切って2.5マスと2マスの2本を用意します。
もしくは25ミリ幅のものを別に準備して頂いても構いません。

この25ミリ幅のテープを使って2.5マスを内に倒れた親指を矯正するように縦に貼ります。
2マスで親指に貼った箇所が剥がれないように上からとめます。

次に50ミリ2マスを3回ほど折り畳んで小さなパットを作り小指側のアーチの頂点に当てます。

そのまま50ミリ4.5マスを使って土踏まずの一番高いところのラインを横にサポートします。

動画のリンクを貼っておきますので参考にしてください。






2.つま先が外側を向いている


次のポイントとしてつま先の向きがあります。

外反母趾になりやすい方の傾向として、つま先が外側を向いていることが挙げられます。

つま先が外に向くと、地面を蹴る時に親指の内側を使ってしまう傾向があります。

こうなると親指が内側に傾きやすくなり、外反母趾を発症する一因となります。

人差し指で地面を蹴ると一番負担が少ないのですが、つま先が外を向くことで親指の内側で地面を蹴ると親指の関節に大きな負担がかかり外反母趾になりやすくなってしまうわけです。




つま先が外を向いてしまうのはいくつか要因があるのですが、代表的なものとしてはお尻の奥の筋肉が硬いということが挙げられます。

お尻の奥にある筋肉はつま先や膝を外に向ける働きをしています。

そのため、お尻の奥にある筋肉が硬くなるとつま先が外に向きやすくなってしまいます。

実際にお尻の奥をクッと力を入れて締めるとつま先や膝が開くのがわかると思います。

ですのでこの場合はお尻の奥のストレッチをするのが効果的です。

また、歩くときにつま先の向きを意識して、外に向かないような歩き方を習得するのも良いでしょう。



軟骨の変形について


関節の中には軟骨という組織があります。

この軟骨は骨を保護したり、関節を滑らかに動かしたりする働きがあるのですが、ずっと使っている少しずつすり減ってきてしまいます。

そしてすり減ってしまった軟骨は再生できないので、そのまま関節の変形が進んでいきます。

外反母趾もかなり進行した状態だと軟骨がすり減って関節が変形している場合もあります。
この場合は元に戻すのは難しいので、上手く付き合っていく必要があります。

場合によっては手術などの選択肢も検討しないといけないかもしれません。


いずれにせよ、親指に負担がかかる要因を解消していくことが大切になります。

放っておいてもよくなる訳ではないので、早めに処置を開始することをお勧めします。


古田大祐





施術のお問い合わせはこちら


講習のお問い合わせはこちら



2020年7月19日日曜日

五十肩とは?

五十肩は中年期によくある肩を動かせなくなる疾患です。


四十肩と呼ばれることもありますが、どちらも俗称で全く同じものです。
正式には"肩関節周囲炎"と呼びます。

40歳以降に多く見られる疾患なので、年齢にちなんで四十肩や五十肩という名前がついています。

五十肩になった経験のある方はたくさんいらっしゃると思います。
臨床をしているとかなりの頻度で遭遇する疾患です。

よく知られている疾患だけに患者さんの間でも話題に上ることも多く、処置方法も「動かしたらいい」とか、逆に「動かしたらダメだ」とか、皆さんから色々な意見を耳にします。

時期と症状によって必要な処置は変わりますので、どちらも正解とも間違いとも言えないのですが、適切な処置をしないと悪化させてしまいますので注意が必要です。

今回はこの五十肩について整理していきましょう。




なぜ五十肩になるのか?

五十肩の典型的な症状としては手を上に挙げられなくなることです。

特になり始めは痛みもきつく、じっとしていても痛むし、夜寝るのが辛いほど痛むことも珍しくありません。しかし時間の経過とともに自然とこうした症状が消えていくのが五十肩の特徴です。

ただし、楽になるまでにかかる時間にはかなりの個人差があります。
早ければ3ヶ月程度、遅ければ2,3年というケースもあります。
この期間をどれだけ短くしていけるか?というところが治療の目標になります。

これだけ頻繁にある疾患にも関わらず、発症のメカニズムがよくわかっていないのが五十肩の特徴です。なぜ五十肩になるのか?はよくわからない訳です。

年齢的なものや負担がかかる状態での使い過ぎなどの要因は考えられますが、病巣や病態もそれぞれで決定的な要因を特定できないのが実際のところです。

そしてなぜか勝手に良くなってくるのも五十肩の特徴です。


ですので五十肩全般の特徴として

・なぜなるのかよくわからない
・自然に良くなってくる


の二点が挙げられます。


何が起きているのか?


五十肩の病態を少し詳しく見ていくと、


・肩関節の中に炎症を起こしてそこが痛む
・痛くて肩を動かせないことで、肩の周囲の筋肉や靭帯が固まって動かせなくなる

という二つの状態に大別できます。

これらのいずれか、もしくは両方を併発している訳です。

これらを念頭に大まかな治療方針を考えていきます。

簡単に言うと、炎症がきついうちは安静に、そして炎症が引いて組織が固まることによる不具合が出ている時期には動していく、ということになります。

経過と処置方法


五十肩の経過としてはまず最初は肩関節の中に炎症が起きます。

これが炎症期と呼ばれる時期で、この期間は強い痛みに悩まされるケースが多く見られます。

じっとしていても痛い、熱っぽさがある、痛くて夜寝られない、などはこの時期の典型的な症状です。最もしんどい時期ですが、このフェーズは数週間から半年ほど続くと考えられます。

この時期は動かすと炎症がひどくなりますので、基本的には患部の安静と冷却して熱をとることを行います。


ただ全く動かさないと固まってきますので、患部に痛みが出ない範囲で動かしていった方が良いです。それができているかどうかで、次の段階に進んだ時に大きな差が出てしまいます。


少し細かく言うと、鋭い痛みが出ないように注意しながら、肘や肩甲骨、鎖骨など肩関節の周囲の関節を出来るだけ動かして固まるのを防ぎます。肩を動かさなくなると周囲の関節も動かさなくなり、固まってしまいますのでそれを防ぐ訳です。


同時に肩周囲の筋肉を動かすことで血流やリンパの流れを出来るだけ滞らないようにさせていきます。そして筋肉を動かせる範囲で動かすことで脳との連絡を保ち、神経機能の低下を防ぐようにします。


どういう動きが良くて、何がダメなのかの判断が難しいですし、正確に動かすことも大変ですので、ここは専門家にサポートしてもらう必要があります。

自分でできることはしたら安静など患部に出来るだけ負担をかけにあようにすることと氷による冷却です。


次は拘縮期と呼ばれる段階です。

ここは数週間から1年程度を要すると考えられます。

拘縮(こうしゅく)とは固まってしまった状態のことです。

人間の体は動かしていないとすぐに固まってしまうのですが、炎症期で動かせないことにより肩の周りが固まってしまう訳です。

ただ炎症期には安静が必要になりますので、拘縮してしまうのはある意味当然で仕方がない訳です。

ですので炎症期に安静にする箇所を必要最低限に留めておいて、出来るだけ固まる箇所を少なくして拘縮期を迎えられるように、炎症期の早い段階からの処置が必要とされる訳です。


このフェーズでは積極的なアプローチが必要になります。

動かせる範囲でどんどん動かしていって固まった箇所を緩めていきます。
その手段として手技療法を受けたり、運動療法を受けたりしていきます。

ご自身でも日常生活の中で動かしていく必要がありますが、無意識に動かしていると肩をすくめながら腕を上げるような変な癖がつきやすいので注意が必要です。
やはりここも専門家の支持のもとリハビリに取り組んでいった方が良いでしょう。


最後に寛解期と呼ばれる数週間から数ヶ月のフェーズを経て回復してきます。



五十肩は自然と良くなってきますので、特に処置をしなくてもこのような経過をたどって徐々に痛みは消えてきますが、しっかりと処置をしていないと固まった組織があちらこちらに残ってしまい、手が上がりきらないなど、元の機能を取り戻すことができなくなってしまいます。

また、適切な治療を施すことによって各フェーズを通過する時間を短くすることが期待できます。

症状の特徴から、回復まである程度時間がかかるのは仕方がないにしても、少しでも早く治ればそれに越したことはありませんので、五十肩の症状がある場合にはどの段階であっても、しっかりと治療を受けられることをお勧めします。


古田大祐





施術のお問い合わせはこちら
http://furutadaisuke.com/bodywork.html
furutadaisuke@gmail.com


講習のお問い合わせはこちら
http://a-t-m-ensemble.com







2020年6月29日月曜日

仮性近視への施術

仮性近視とは?




仮性近視は、眼のレンズである水晶体という組織の厚さを調節する毛様体筋という筋肉がしっかりと働かなくなっていることが原因で発症します。

眼に備わっている水晶体と呼ばれるレンズは、毛様体筋が縮むことで分厚くなり近くがよく見えるようになります。



 



逆に毛様体筋が緩むと、レンズが薄くなり遠くにピントを合わせることができます。


 




このように毛様体筋が縮んだり緩んだりすることでピントを調節しているわけです。


しかし、この毛様体筋が硬くなったままだと、緩むことができなくなり、遠くを見てもレンズが分厚いままの状態でピントが合わなくなってしまうわけです。


これが仮性近視です。 






アプローチ方法



仮性近視に対する施術ではこの毛様体筋を緩めて、しっかりとピント調節機能が戻るようにアプローチをしていきます。


具体的には電気を通した鍼を使用したり手技による施術によって毛様体筋につながる神経に刺激を入れて、この筋肉を間接的に緩めていきます。


また、眼球周囲につながる血管にアプローチをして血流を改善して、目が動きやすい状態を作っていきます。


そうすると遠くを見る時にもピントを合わせることができるようになります。

これを定期的に何度か繰り返すと、徐々に本来の働きを取り戻して視力が回復します。


仮性近視を放置しておくと徐々に近視に移行していきます。


近視は眼球の長さに変化が生じて起こる症状なので、仮性近視とは全く異なった病態です。


近視に移行する前に、適切な処置をして視力を回復させておく事をおすすめします。


古田大祐



施術のお問い合わせはこちら
http://furutadaisuke.com/bodywork.html
furutadaisuke@gmail.com


講習のお問い合わせはこちら
http://a-t-m-ensemble.com



2020年6月12日金曜日

年を重ねると出てくる膝の痛みについて

膝の軟骨と痛みの関係




膝の痛みにはいろいろな種類のものがありますが、今回は年齢を重ねることによって出てくるタイプのものを取り上げます。

年をとると、関節の軟骨がすり減って変形することで痛みが出てくると考えられています。

確かに膝の痛みを訴える年配の方がレントゲンを撮ると、関節の隙間が狭くなっていることがよくあります。

ですので、すり減った軟骨を補うためにサプリメントを摂取したり、ヒアルロン酸を注射して関節の動きを助けたりいて痛みを和らげようとします。
それでも無理な場合には手術をする方もいらっしゃいます。


しかし実際には、膝の痛みと軟骨のすり減り度合いは必ずしも関係しているとは限りません。


臨床的には軟骨のすり減りが激しくても、さほど痛みを感じていない方もいらっしゃるし、逆にレントゲン上はそこまで問題がなくても痛みがひどい方もいらっしゃいます。


この違いは何でしょうか?

この点を考えていきましょう。



膝の構造



まずは膝の構造を確認していきましょう。





膝はとても複雑な構造をしているのですが、簡単にまとめるとこのイラストのようになります。


関節包
関節全体を包む袋のことで中は滑液という液体で満たされています。


滑液(かつえき)
ヒアルロン酸を多く含む液体。クッション、潤滑剤としての働きがあります。


靭帯(じんたい)
固いヒモ状の組織。骨と骨をしっかりつないで膝を安定させています。膝の場合は関節の内側にも外側にもあります。


半月板
膝の内部にある組織で水分を多く含み衝撃を吸収するクッションの役割をになっています。


軟骨
表面がツルツルで弾力性に富む組織。衝撃を吸収、骨の保護、関節を滑らかに動かす。関節の中で向かいあった骨同士は必ず軟骨を介して向かい合っています。



しっかりと体重を支える役割もある膝は、このように色々な組織で構成されています。


軟骨のすり減りと膝の痛みの関係



では軟骨がすり減るとなぜ膝が痛むと考えられるのでしょうか?


軟骨とは関節の中で向き合った骨同士がお互いにかぶっている帽子のようなものです。

この軟骨のすぐ下には骨があります。

骨の表面には神経が張り巡らされているので、ここはとても過敏な痛みを感じやすい構造になっています。

ですので、軟骨がすり減ると骨の表面が剥き出しになり、衝撃がダイレクトに骨に加わることになるので激しく痛むわけです。




しかし少し軟骨が減っているぐらいでは、骨の表面が露出することはありません。

こうなるのは、かなり軟骨がすり減ったことで膝の変形が進んだ場合です。

ですので、そこまで変形が進んでいない場合の膝の痛みは、後述しますが別に原因があると考えられます。


なぜ軟骨がすり減るのか?



そもそもなぜ膝の軟骨がすり減ってしまうのでしょうか?

それは膝が長年体重を支え続けた結果、摩擦に耐えられなくなるからです。

特に偏った使い方やバランスの悪い体重の載せ方をしていると、局所に負荷が集中してかかるようになるので、その部分の変形が進んでいくと考えられます。


ですので

膝が痛む→軟骨がすり減っている→軟骨を増やせばいい→サプリメントを摂る

という流れで対処されている方も多くいらっしゃいます。


しかしこれは本当に正しく、効果があるのでしょうか?


軟骨のサプリメントは有効?




膝の軟骨を補うと言われるサプリメントがあります。

グルコサミンやコンドロイチンという名前を耳にしたことのある方も多いと思います。

これらのサプリメントの成分は要するにコラーゲンです。

コラーゲンとは、タンパク質の一種で人の体内のタンパク質のうち約30%をしめる物質です。

靭帯や軟骨を構成する材料なので、これを摂取することで軟骨が作られると言われています。

しかし消化と吸収の過程を考えると、これらがどの程度軟骨の再生に効果があるのかは不明な点が多いと言えます。


コラーゲンはどうやって吸収されるのか?



コラーゲンに限らず体がタンパク質を吸収する過程は全て同じです。

タンパク質はアミノ酸という物質の集まりでできています。
全てのタンパク質はアミノ酸が集まって構成されているわけです。

タンパク質にいろいろな種類のものがあるのは、集まるアミノ酸の種類が違っていたり、並ぶ順番が違うからです。


タンパク質は大きいので、体内にそのまま吸収することはできません。




消化の段階でアミノ酸レベルにまで細かく分解されて、アミノ酸として体内に吸収されます。

なのでタンパク質はどのような形で摂取しても、結局は吸収段階で全てアミノ酸レベルに分解されることになります。

ということは、サプリメントでコラーゲンを摂取しても、吸収の段階ではアミノ酸になっていますので、サプリメントが軟骨になるとは考えにくいと言えます。

肉、魚、卵、牛乳でタンパク質を摂っても、コラーゲンサプリメントを摂取しても体の中では全く同じ反応しか起きません。

吸収される時にはどれもアミノ酸レベルにまで分解されています。


タンパク質は体のいろいろな髪の毛や筋肉、ホルモンなど体のあらゆるところを構成しているので、体内に入ったアミノ酸が体のどこに使われるかはわかりません。

軟骨のサプリメントを摂取したから軟骨になるわけではないのです。


加えて、そもそも現代の医学では軟骨は自然に再生されないと考えられています。

将来的にiPS細胞などの再生医療が発展すれば再生が可能になると思いますが、現時点では無理です。


病院でサプリメントが処方されないのはこうした理由からです。

残念ながら軟骨のサプリメントは膝の痛みを改善できる医学的な根拠に乏しいと言えます。

もし軟骨のサプリメントに劇的な効果があるなら臨床的にもっと利用されているはずですが、健康食品の域を出ないのはこうした理由があるからだと思います。


ではこうした膝の痛みに対して具体的にどのような医学的処置がなされているのでしょうか?


医学的な処置


医療機関での処置は

手術、注射、リハビリ(運動療法、手技療法)の三つに大別できます。


手術にはいくつかの方法がありますが、損傷した軟骨の付近の骨ごと人工関節に全て取り替える人工関節置換術という手術をされる方が多い印象です。

いずれにせよ他の処置では改善が期待できないケースの最後の選択という位置付けになると思います。

いきなり手術になるケースは稀です。


多くの膝の痛みの場合、まずは注射で経過をみることになると思います。

それは関節の中にある水の不具合が痛みに大きく関係していると考えられるからです。

注射には二種類あります。

①水を入れる→ヒアルロン酸注射
②水を抜く→関節穿刺(せんし)


膝の中にはもともと滑液という潤滑剤の働きをする水があります。

これが何らかの原因で増減した場合、不足したら注射によってこれを増やし、増えすぎた場合は抜いて痛みをコントロールすることがよく行われます。


水を入れる注射の成分に多く含まれるヒアルロン酸は化粧品の成分としても知られていますが、ドロッとしていて、水分の保有率が高く、関節の潤滑油として働いたり、衝撃を吸収するクッションのような働きもしています。

もともと膝の水である滑液の中にもヒアルロン酸は含まれていますので、水が少なくなった場合はこれを外から補う訳です。


では水を抜くケースはどうでしょうか?

これは逆に膝の関節の中の水が増えすぎた時に抜いて適量にするアプローチです。

しかし水を抜くと良くないと言われることがよくあるので、抜くことに抵抗のある方もいらっしゃると思います。

抜くとよくないと言われるのは、水が溜まっているのは何らかの原因があって結果的に溜まっている考えられるからです。

水(=滑液)は本来膝に必要なものです。

ですので、膝を守るために水が溜まっているとも考えられるので、原因に対する処置をせずに抜き続けても根本的な原因がどんどん悪化していくことも考えられわけです。

そのため安易に抜き続けるのは良くないと言えます。


しかしながら場合によっては水を抜いた方が良いケース、抜かなくてはいけないケースもあリますので一概に抜いてはダメなわけではありません。

抜くことによって楽になる場合も多いので、必要な際にはちゃんと抜いた方が良いです。

実際に水が溜まりすぎたら関節が膨らんで曲げることもできません。
このような状態では著しく日常生活に支障をきたします。


ただし水を抜いただけで終わりにするのではなくて、水が溜まらなくても良い膝の状態を作ることを考えていかないといけません。

対処療法だけを続けていても根本的な原因は解決しないので、徐々に悪化していくことになりかねません。

水を入れるケースも同じです。

この場合は滑液の主成分であるヒアルロン酸を注射する訳ですが、本来関節の中の滑液は体が作り出して分泌するものです。

滑液が不足している場合は滑液を分泌する機能に不具合が生じていることを意味しますので、これを解消していかなければいけない訳です。


このように水が増えすぎたり、減りすぎたりした場合、手技療法や運動療法を施すことで改善されるケースが多くありますので、そういった処方を受けたり、必要に応じて注射と併用したりしていくことが良いでしょう。

膝の水の量を調節する事ですり減った軟骨への負担を軽減させ、痛みを和らげる事ができる訳です。


しかしながら軟骨の摩耗と水の増減によるもの以外にも、膝の痛みを生じさせる理由があります。

手技療法や運動療法はそうした膝の不具合や痛みに対しても効果的です。

痛みが生じる場合、他にはどのような理由があって、手技療法や運動療法はどのような効果があるのかをみていきましょう。


膝が痛む原因


なぜ運動療法や手技療法が有効かというと、多くの膝の痛みは軟骨由来の問題というよりも、膝を動かさないことによって生じているからです。

膝が痛む主な要因は以下の三つです。




1 関節の中の水の流れが悪い


上述してきたように、関節の水が溜まりすぎたり、少なくなりすぎたりした状態を意味します。

しっかりと関節の噛み合わせを整えて、周りの組織の働きが戻ると多くの場合、水の潤滑は自然と解消してきます。



2 関節の周りが硬い


痛みなどが原因で膝をしっかりと動かさなくなった時に、靭帯や筋肉など膝周りの組織が固まってしまいます。

それによって動かした時に痛みを生じるようになります。
これはしっかりと動かしていくことで対処できます。



3 太ももの筋力低下


膝を動かさないことによって特に太ももの前の筋力が低下してしまい、膝を支える力が弱くなってしまったために痛みを生じてしまうことがあります。

この場合は、しっかりと動かして筋力を鍛える事で対処できます。




軟骨の状態ばかりに注意がいきがちですが、実際にはこれらの理由により膝に痛みを発症するケースが大半だと考えられます。

軟骨の摩耗があってもこうした周りの組織がしっかりと働いていればほとんど痛みを生じずに過ごせるケースも多い訳です。


ですので、まずはこれらを改善すべく体に負担の少ない手技療法や運動療法によるアプローチを中心に経過をみて、それで改善がなければ最終的には手術を考える必要があると言えます。

軟骨が激しく損傷している場合はもちろん外科的な処置が必要ですが、実際には軟骨由来でない痛みもたくさんあります。

膝のレントゲンをとれば誰もが歳を重ねると軟骨がすり減っているのが普通です。
軟骨がすり減るのは白髪やシワができるのと同じようなものです。

軟骨が減っているから痛むと考えるのは短絡的です。

実際には軟骨以外の組織がしっかり機能していないために痛みを生じているケースがほとんどですし、軟骨が傷んでいても周りの組織がしっかり働いて損傷部位に負担がかからなくなれば痛みはなくなります。

実際にレントゲンを撮って軟骨がかなり減っている人でもさほど不自由なく生活できる人も多くいらっしゃいます。

なので膝の痛みに対してまずは手技療法や運動療法を行なってみて、それでも改善が見られない場合は手術を考えていく流れが良いと思います。手術は最終手段で安易に行うべきものではありません。残念ながらサプリメントにはあまり期待できません。

注射も場合によっては必要ですが、根本的な解決にはならないので対処療法として長く続けない方が良いでしょう。運動療法や手技療法と併用するのが良いと思います。


こうした理由から適切な運動療法、手技療法こそが最初に取り組むべきアプローチであると言えます。ひどい軟骨の変形が生じる前であれば多くの場合効果が期待できます。

具体的に運動療法や手技療法ではどのような処置をするのかを紹介していきます。


運動療法・手技療法の具体例と効果




・関節モビリゼーション

関節を動かすことで関節に刺激を入れて滑液の分泌、吸収を促す手技療法です。
新鮮な滑液で満たしておけば膝の中の負担が大きく軽減されて動きが軽くなります。


・マッサージ、ストレッチ

膝が曲がらない場合は太もも前の筋肉が縮んでいたり、膝の周囲の組織が固まっていることが多くみられます。痛みを庇うことによって長い間動かしていないとこうなってしまいます。動かしていないことで、実際に組織が硬くなって動けなくなってしまう訳です。

このように固まってしまった組織に対してストレッチやマッサージをして柔軟性を取り戻していくと、膝の動きが改善してきます。



・筋力トレーニング

膝周囲の筋肉などを使えるようにして関節を安定させ膝への負担を減らします。具体的には太ももの前内側にある内側広筋という筋肉を中心に鍛えていきます。

筋力トレーニングといっても、重たいものを持ち上げる必要はありません。まずはほとんど負荷のない状態で筋肉が使えるように再教育していくことを優先していきます。そうすると徐々に力が入るようになってきて、膝への負担が減ってきます。


加えて片側の膝が痛む場合は、脚の長さに差がないかなど、全体的な体のバランスを調べて矯正していくことも必要でしょう。一般に脚の長さが短くなっている側に体重が乗りやすくなる傾向があります。多くの場合、左右の脚の長さの差は腰回りのゆがみからきています。

もしくは足首のゆがみも膝に負担をかける原因になりますので、合わせて調整して置いた方が良いでしょう。



具体的に何をするべきかは人によって個人差があるのできっちりと専門家の指導のもと取り組んでみてください。


古田大祐



施術のお問い合わせはこちら
http://furutadaisuke.com/bodywork.html
furutadaisuke@gmail.com


講習のお問い合わせはこちら
http://a-t-m-ensemble.com



免疫と予防接種の仕組みを簡単に解説します

免疫とは疫から免れると書きますが、疫とは病気のことで、文字通り病気から身を守るための仕組みを意味するのが免疫という言葉です。 病気に関わらないように体に備わったシステムのことですね。 免疫とかワクチンとかなんとなくわかっているとけどなんだかはっきりとはわからない、という方も多いと...